茨城県の常陸牛・黒毛和牛・美明豚などを扱う茨城県中央食肉公社のウェブサイト

株式会社 茨城県中央食肉公社

代表者挨拶

社長あいさつ

 当社は食肉の流通合理化及び食肉取引の近代化を図ることを目的として、国、県、市町村、農業団体、食肉業界の出資により昭和54年2月7日に設立し、国の総合食肉流通体系整備促進事業の助成を得て施設整備を行い、昭和56年11月操業を開始しました。また、昭和57年2月卸売市場法に基づく食肉地 方卸売市場として県の認可を得、さらに昭和58年3月には農林水産省指定市場に認可され、県内では唯一の卸売市場を併設した食肉センターとして食肉流通の 改善に努めてまいりました。

今後も、消費者の食への信頼・安心を確保するため、ISO22000の継続取得による食品の安全性の向上、東南アジア方面への食肉輸出、HACCP(ハサップ)導入など事業改革に努め、と畜処理技術のさらなる改善、品質・衛生関連等の施設整備の充実を着実に実行し国産食肉に対する安全・安心を確保する取組を強化してまいりますので、より一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

平成28年7月
株式会社茨城県中央食肉公社
代表取締役社長 角田 芳夫

.